実はゴキブリの仲間?シロアリの生態と特徴

シロアリ
Pocket

家の中に潜んでいる害虫を駆除するには根気が必要です。

中でもシロアリは、柱や梁など家の基礎となる木材を食い尽くしてしまう害虫です。

そういう意味では、ゴキブリやネズミよりも厄介な害虫といえるのかもしれませんね。おまけにシロアリを発見した時点で、すでに家の基礎となる木材を食い尽くされている可能性があります。

ここではそんなシロアリの生態や特徴・対策について詳しくご紹介いたします。

シロアリはゴキブリの仲間? シロアリの生態

シロアリはゴキブリの仲間

シロアリはゴキブリ目シロアリ科に分類されるので、アリというよりもゴキブリの仲間といえるでしょうね。その代りアリと同様に、女王アリを中心とした階級社会になっています。しかもコロニーと呼ばれる巣を作って集団生活をしています。

コロニーの中には女王アリの他にも繁殖のパートナーとなる王、さらにはニンフ・兵アリ・職アリといった各役割分担があります。中でも職アリは全体の9割を占めており、上の階級にいるアリ達にエサを集めてきたり巣を構築したりする役目を担っています。

シロアリの生態

シロアリの種類は、世界中には2000種類以上ものシロアリが生息しているといいます。そのうち日本には、約13種類のシロアリがいます。そんなシロアリの中でもヤマトシロアリとイエシロアリは、木材住宅を食い荒らす害虫として恐れられています。

人間から見た場合単なる小さな虫という認識に過ぎませんが、とにかく大群で行動をするので侮っていると大変な目に遭います。例えばヤマトシロアリのコロニーには2〜3万匹、イエシロアリになると100万匹ものシロアリが集団生活をしています。

シロアリは家を食べる? シロアリの特徴とその被害

シロアリは木材が主食

シロアリは木材を主食とする昆虫ですが、ほとんど木の表面には出てこないので見かけることはありません。また森の中の倒木などを食べながら土にかえしてくれる役目を担っているため森の分解者とも呼ばれています。

しかも木を食べるシロアリが黒アリに食べられるといった食物連鎖の構造になっているので、植物性タンパク質が動物性タンパク質に変換されるという構図も成り立ちます。

従って、絶対数の多いシロアリがいなくなると生態系が成り立たなくなるくらいの影響力もあるでしょうね。

木材住宅を食い荒らすヤマトシロアリとイエシロアリには要注意

シロアリの中でもヤマトシロアリとイエシロアリは、木材をエサとしている害虫です。そのためこれらのシロアリが住み着いてしまうと、柱や梁など家の土台となる木材をことごとく食い尽くされてしまいます。

おもにヤマトシロアリは東日本イエシロアリは西日本に生息しており、いずれも高温多湿となる春から秋までの時期に活発に活動します。しかも多湿な床下から蟻道を作りながら、柱から天井の梁に至るまで木材の内側だけを食い尽くすので被害が分かりにくいのです。

シロアリを見つけた時の対処法

家の中で羽アリを見かけたら要注意

シロアリを発見するきっかけは、そのほとんどが成虫でもある羽アリになってからです。ただし、羽アリの中には黒アリもいるのでその見極めも大切です。そのためまずは、黒アリかシロアリかの判断が必要です。

黒アリであれば、家の柱などの木材を食べる心配は要りません。おもにタンパク質や糖質がエサなので、シロアリを捕食することもあります。そういう意味では、シロアリにとって黒アリは天敵なのです。

シロアリの初期対応には要注意

ヤマトシロアリは4〜6月頃、イエシロアリは6〜7月頃発生しやすいといいます。もし家の中でシロアリを発見した場合には、殺虫剤を使うのは避けたほうがよいといわれています。殺虫剤を使うと、隠れているシロアリが全部逃げてしまうからです。

そのため見えるシロアリを掃除機で吸い取って、吸い取ったシロアリに殺虫剤をかけるのは構いません。その後、発生場所を特定しながら早急な駆除や予防対策が必要になってきます。ただしそのあたりの処理は、何分にも素人では難しいのでプロの業者にお願いするのが望ましいでしょうね。

まとめ

シロアリの生態や被害例についてご紹介いたしました。もし羽アリを見つけてもすぐに家が傾くワケではありませんので、プロの業者にお願いをしてしかるべき処理や対策をするのが一番です。

こちらの記事もおすすめです → マダニってどんな危険があるの?特徴や危険性を解説