ミツバチのおもしろ雑学

ミツバチ
Pocket

ミツバチを沢山飼って養蜂業を営む方が増えています。そんな人に話を伺ってみると、たまにミツバチに刺されるのだそうです。

そうは言ってもミツバチが人を刺すと、針がお尻から抜けてしまい死んでしまうのです。

そのため、人を刺すことはないのでは?と思っていたのですが意外でした。

ここでは、そんなミツバチの知られざる生態やユニークな行動についてご紹介いたします。

ミツバチってどんなハチ? ミツバチの特徴

蜂蜜が採れることで有名なミツバチ

ミツバチは、花の蜜を加工して巣に蓄えながら蜂蜜にすることで知られているハチです。日本には、主にニホンミツバチとセイヨウミツバチという2種類のミツバチがいます。もちろん昔は、在来種のニホンミツバチだけが養蜂種として利用されていました。

ところが明治時代にセイヨウミツバチも輸入されるようになり、今日ではセイヨウミツバチほうが養蜂種としてよく利用されています。しかもセイヨウミツバチは、日本だけでなく世界中で養蜂種として利用されているハチです。

ミツバチの生態

ミツバチは、人間と同じように物の色や形・動きなどを目で認識することができます。その代り、人間でいえば近視の状態に近いのだといいます。また記憶能力や学習能力にも優れており、巣の位置や花の色・形・開花時期や場所などを記憶することができます。そのため、一度訪れた場所に再訪することもできるのです。

それからミツバチの栄養源ですが、花の蜜に含まれている糖質や花粉から得ています。とくに花粉には、タンパク質やアミノ酸・脂質・ビタミン・ミネラルなどが含まれており、ミツバチの貴重な栄養源となっています。従って女王蜂や幼虫に与えるローヤルゼリーも花粉が原料となっており、若い働き蜂の乳腺から分泌されます。

オスはただのグータラ屋? ミツバチの群の構成について

巣の中には女王蜂と働き蜂・働かない蜂とがいる

巣の中には、数千から数万匹ものミツバチが住んでいます。さらにこれらのミツバチの中には、女王蜂と働き蜂・働かない蜂とがいます。ちなみに女王蜂は数多くのミツバチの中で、わずか1匹しかいません。あとは働き蜂と働かない蜂だけということになります。

さらに働き蜂というのは、全てメスになります。そして働かない蜂とは、オスのミツバチのことをいいます。おまけにメスの働き蜂が全体の9割程を占めているのです。要するに読んで字のごとく、メスの働き蜂だけが一生懸命に働いているのです。

その仕事内容は、巣の清掃から育児・巣作り・門番・巣の外に出て花蜜集め等々ほとんど全ての仕事を一気に引き受けているのです。

働き蜂が蜂蜜を作り出す

女王蜂は働き蜂よりも若干体が大きくなっており、その仕事といえばやはり沢山の卵を産むことです。その卵の数にも驚かされます。1日に1000個以上もの卵を産むのです。また女王蜂と交尾するのは、オスの働かない蜂です。ただし女王蜂と交尾ができるのは、わずか20匹程度の選ばれたオス蜂だけになります。

一方メスの働き蜂は卵を産む暇も与えられず、生涯働きずくめのまま死んでいくというのが実情です。そんな働き蜂によって、蜂蜜やローヤルゼリー・プロポリス等が作られているのです。おまけにそれを上手に人間が頂戴しているのです。

蜜を見つけるとダンスする? ミツバチのおもしろ行動を紹介

ミツバチの8の字ダンス

昆虫は、フェロモンと呼ばれる気体の化学物質を出すことで情報を伝達し合っています。さらに蛍はお尻の光、セミは大声で鳴くことで情報伝達を行っています。一方ミツバチの場合には、新しく見つけた花の蜜のある場所を他の働き蜂に教えるために、巣の中で8の字ダンスと呼ばれる特殊な動きをします。

例えばジグザグに動き回る角度で花の蜜の方向を表したり、お尻を振る速度で花の蜜までの距離を示しているのだといいます。ただし学者によって、多少説が異なっていたり実証が不十分の状態です。

その他のミツバチの特殊能力

働き蜂のメスが、敵に対して針で刺すのは有名です。その他にも防衛手段を持っています。それは、天敵でもあるキイロスズメバチから巣を守るための行動です。その気になる防衛手段ですが、ミツバチよりも何倍も大きなキイロスズメバチに対抗するため蜜球による熱殺を行うのだといいます。

例えばキイロスズメバチが巣に近づいたら、門番のミツバチやその他のミツバチがキイロスズメバチを取り囲んでしまいます。さらにミツバチの群れは熱を帯びるようになり、取り囲まれたキイロスズメバチはその熱で死んでしまうのだといいます。

まとめ

ミツバチの生態や働きづくめの働き蜂についてご紹介しました。普段野花畑で見かけるミツバチですが、知られざる意外なミツバチの生態には驚かされることが多々あります。

こちらの記事もおすすめです → 激痛がつらい!ムカデの特徴と危険性